調理が難しい介護食は宅配に任せよう

宅配介護食が介護する側・される側、いずれの立場からもおすすめな理由とは?

介護食なら忙しい現代人にぴったりな宅配はいかが?

介護食を見たり知ったりする機会は、大抵の方の場合、あまりないと思います。しかしこの高齢化社会では介護はどなたにとっても避けては通れないこと。 ですから現在の介護の状況の有無を問わず、誰もが介護食についての知識を持っておいたほうがいいと思われます。 ここでは介護食のおさえておくべきポイントをお伝えします。

介護する側にとって介護食は宅配が良い訳は?

介護食を作る大変さは、お伝えした通りです。それを踏まえて介護食は宅配にお任せするのが一番な理由をご紹介します。 その理由ですが、介護をする方だけではなく、介護をされる方にも実はあります。 ここではまず介護をする立場から介護食がおすすめな理由をお伝えします。

介護食と介護される側の気持ち

介護する側の負担を考慮すると、毎日の介護食をつくる負担はとても重いうえに、介護とは介護食を作るだけではないことはご紹介した通りです。 一方介護される側にとっても、宅配介護食が良い理由はもちろんあります! ここではなぜ介護される側にとっても介護食がおすすめなのかについて、ご紹介します。

介護食も人それぞれ。介護食でおさえておくべきポイントとは?

介護食は調理が大変だってご存じですか?

噛む力や飲みこむ力に合わせたり、カロリーやたんぱく質などの調整も必要になってくるので、想像以上に大変なのです。もう少し具体的な事例を挙げて説明すると「8020(ハチマルニイマル)運動」という言葉を聞いたことがありますか?「8020運動」と言うのは「80歳以上になっても20本以上自分の歯を残し、その歯で食事をしよう」という内容の運動。

逆に言えば、この年齢の日本人の多くの方の歯がそのような状況ではない場合があるとも考えられます。つまりある程度の高齢者になってくると、義歯を利用していることが当たり前なのです。

よくテレビのコマーシャルでも「義歯が合わなくて食事が楽しめない…」みたいな内容のものが流されています。これも逆の発想をすれば、コマーシャルを流すほどご高齢者の義歯の利用率が高く、義歯に対してかみ合わせについて悩んでいる方が数多くいらっしゃる証拠。

そして義歯の場合、合わないもので食事をしようとしても、硬いものが食べにくく、もし食べられたとしても食べたもの自体が飲み込みにくい、むせやすいなどがあれば、年齢に関係なく食べ物を食べる行為自体が嫌になり、食事をしたくなくなることも。

その結果、懸念されることが低栄養による諸症状。また特にご高齢の方に多い事故の一つで「高齢者の食べ物をのどに詰まらせる行為」があります。例えばどなたでもご存じな事例と言えば「お餅の喉の詰まらせ」。しかも食べ物が喉の気管に入ってしまうと、「誤嚥性肺炎」になる可能性も。

以上のように介護食とは本当にデリケートな食事になります。ここでは介護する側・される側いずれの立場にもある宅配介護食のメリットをご紹介します。