>

宅配介護食が介護する側・される側、いずれの立場からもおすすめな理由とは?

介護食なら忙しい現代人にぴったりな宅配はいかが?

介護食で大切なこととは?

「介護食のポイント」と言えばたいそうなことのように感じるかもしれません。しかし実は非常に簡単でとてもシンプルです。
つまり「栄養価がしっかりしており、見た目もおいしそうなのかどうか」ということ。

どれほど栄養価のバランスが取れていても、見た目が美味しそうでなければ、食が進みませんよね?
逆にどれほど見た目が美味しそうでも、栄養のバランスが良くないと意味がありませんよね?おそらくこの2点の重要性は、常食と何ら変わりません。

ただし介護食特有の注意点も一つだけあります。それは「高齢者一人ひとりの噛む力や飲み込む力にあった食事かどうか」。このように表現するとまた難しい感じがしてしまうかもしれません。
しかしこちらも子育ての経験がある方なら、離乳食の感覚に近いものがあるように理解していただくと、まだ何となく理解していただけるのではないかと思います。

他にもまだある介護食で大切なこと

まず介護食の最大の特徴の「噛む力と飲み込む力から介護食を選ぶポイント」をご紹介します。一番良い方法は、医者やケアマネージャーなど専門家の方に相談の上、介護食の形態を選ぶこと。

もしそれが難しい場合は、高齢者ご本人に一口だけ食べて貰って選ぶようにしましょう。ただし十分に気を付けたうえで、行なうようにしてください。

次に「見た目の美味しさと栄養バランス」についてお伝えします。常食から急に「介護食」みたいな雰囲気になってしまうとその立場の高齢者からすれば、環境の変化を受け入れるのは結構大変なこと。

ですからいかにも「介護食」という見た目になったとたん、食欲が落ちる高齢者は多くいらっしゃるようです。よって介護食の見た目は重要なポイントになります。

最後に栄養バランスですが、常食でさえ非常に悩ましいことなのに、これが介護食となると塩分量や油分量など細かなところにまで気を配らなければならず、非常に難しいです。


この記事をシェアする